スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングルームの収納

リビングルームにこそ造り付けの収納が必要と思われますが、実態はそうなっていません。
限られたスペースを合理的且つ快適に使うマンションでさえ、リビングルーム収納が造り付けられている例はほとんどありません。
居室には収納やウォークインクローゼットが造り付けられているのに、リビングルームに無いのは解せません。

リビングルームに造り付け収納が必要な理由を以下に示します。

■家族が集い、時を過ごすスペースにはそれなりの収納が必要です
部屋を使用する人数x活動時間
これが収納を考える重要な要素の一つです。書斎や寝室などの用途に匹敵する重要な要素です。
当然上記の数値が大きいほど使う物も多彩になり量も増えていきます。
例えば4人家族でみんながリビングルームで1日当たり5時間過ごせば20人時間/日となります。
片や子供部屋では1人が4時間活動すると4人時間/日です(睡眠時間は除きます)。
何と5倍になります。それなりの収納が必要になるわけです。

■後付の収納はスペースを狭く見せます
かなり入念に選んだ後付収納でも部屋との違和感が残り、それによって部屋のスペースを狭く見せます。
その要因は色調とサイズです。収納と壁面に空間が残る、色合いが部屋のトーンと違う等による、部屋との一体感を損ない圧迫感を生じさせることが原因です。

造り付け収納
リビングルームの収納

後付収納
リビングの収納

このテーマについて少し言及したいのですが、まずは1回目としてリビンルームに造り付け収納の必要性を記載させて頂きました。


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://comhome.blog99.fc2.com/tb.php/73-c9e8ff20
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

スカイブルー

Author:スカイブルー
長年IT業界に身を置く。米国勤務時、家のメンテ・改修をDIYでやってのける米国人のライフスタイルに感銘を受ける。
帰国後、自分の家を建て、自己流で手を入れていく中で、何時か事業を立ち上げたいとの思いに至る。「快適住空間創りをトータルに支援」をコンセプトにコンホーム・ラボを設立。
千葉市在住、趣味は車いじり、釣り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © スカイブルー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。