スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルボ240の夏支度

ここ数年の恒例行事です。

エアコンの効率向上のため荷室との間に仕切りをいれます。
カーテン等やり方は色々あるようですが、私は市販のドッグガードにアクリル板を取り付けてやっています。

IMG_0946.jpg

若干の隙間は避けられず密閉はできませんが、効果は絶大だと思っています。あくまでも感覚と体感からですが。荷室を含めたかなり大きな空間を、それほど能力の高くないエアコンで冷やすことは無理があります。高温多湿の日本ではなおさらです。

以前エアコンのレトロフィット化でシステムをほぼ全取り換えをしました。ボルボ240 エアコンのレトロフィット化
キットのエバポレーターがオリジナルに比べ効率向上が図られているようで、冷え方が改善されました。それでも昨今の日本車のエアコンから比べるとチョットかなと思い、仕切りをいれる様になりました。

装着するとこんな感じになります。
難点は夜間の後方視界が少し悪くなることです。アクリル板による反射と表面の起伏によりクリアな視界が得られなくなります。でもまあ実用上許容範囲内です。

ボルボ240荷室仕切り

余談ですが、我がボルボ240は1990年製で27年目となります。ネットでの記事も少なくなってきており、実走車が減ってきているものと推察しています。ちょっと寂しいかぎりです。走行距離は15万マイル(米国仕様なので)、24万キロになりました。この車以上に欲しい車がなかったので現在に至っています。

最近の日本車でチョットと思うことがあります。
デザインです。外観に起伏やエッジを多用していることです。具体名を挙げて恐縮ですがプリウスがその例です。デコラティブなエッジやヘッドライトなどパーツの形状を異形なものにしています。この辺りは個人の趣味の問題ではありますが、デザインの本質は全体的なフォルムが機能性と合いまったことによる美しさだと思います。旧いところではミニ、新しいところではベンツSシリーズです(ボルボ240もそうだと言いたいわけです)。

お化粧ではなく、すっぴんの美しさではないでしょうか。


スポンサーサイト

プロフィール

スカイブルー

Author:スカイブルー
長年IT業界に身を置く。米国勤務時、家のメンテ・改修をDIYでやってのける米国人のライフスタイルに感銘を受ける。
帰国後、自分の家を建て、自己流で手を入れていく中で、何時か事業を立ち上げたいとの思いに至る。「快適住空間創りをトータルに支援」をコンセプトにコンホーム・ラボを設立。
千葉市在住、趣味は車いじり、釣り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © スカイブルー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。