FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お掃除エアコン考

この所エアコンクリーニングで、驚くような汚れのエアコンに立て続けに遭遇しています。
フィルター掃除タイプエアコンでの熱交換器の異常な汚れです。

D社エアコン
D社エアコン

S社エアコン
S社エアコン

これは取り除いたフィルターのホコリがそのまま熱交換器に堆積したものと思われます。ホコリは外気への排出やダストボックスへの回収により処理するのですが、これがうまくいかなかったものと推察されます。通常タイプのエアコンでは発生しないパターンの汚れ方です。

S社の場合、汚れを屋外に放する方式ですが、排気ファンのダクトにホコリが詰まってしまっています。これではホコリの排出できません。ホコリは内部に溜まるいっぽうです。
排気ファンの詰まり

2005年に富士通ゼネラルからフィルター掃除エアコンの1号機が出荷されて今年で10年強になります。その気になれば機能面での大きな改善ができた筈ですが、直近の機種でも殆ど改善が見られないことには愕然とさせられます。約10年を浪費したといっても過言ではありません。

清潔さを信じている消費者に対する背信と言えるかもしれません。遅きに失していますが、技術的に大きな改善をするのか、止めるのか、メーカーさんに決断を求めたいところです。

個人的には、フィルター掃除機能の実装ではなく、フィルター掃除の重要性をアピールする啓蒙活動が正解の様な気がします。一般的な家庭であればフィルター掃除は簡単にできます。ご高齢者のためには、フィルターが下降してくる等の簡単に掃除できるサポート機能が考えられます。

現状のフィルター掃除機能は、「牛刀をもって鶏を割く」図式であり、且つ上手く割けていないのが実態です。
ちょっと熱くなってしまいましたが、このままで良い筈はありません。
スポンサーサイト

プロフィール

スカイブルー

Author:スカイブルー
長年IT業界に身を置く。米国勤務時、家のメンテ・改修をDIYでやってのける米国人のライフスタイルに感銘を受ける。
帰国後、自分の家を建て、自己流で手を入れていく中で、何時か事業を立ち上げたいとの思いに至る。「快適住空間創りをトータルに支援」をコンセプトにコンホーム・ラボを設立。
千葉市在住、趣味は車いじり、釣り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © スカイブルー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。