FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関網戸考

お盆も過ぎて暑さも峠を越した時期にタイミングを逸した感がありますが、
夏メニューとして玄関網戸を始めたことを、遅まきながら報告します。

キャッチコピーは「玄関網戸で住いに風の流れを」です。
マイクロリフォームの一環として位置付け、納得感のある価格を目指してメニュー化
しました。
立ち上がりとしては、まずまずの受注を頂き、本当にありがとうございました。

さて玄関網戸の効果は絶大です。
玄関という前面に遮蔽物の無い場所的な利点と、その開口部の大きさが活きてきます。
また掃出し窓やフレンチドア等の大型開口部とのコンビネーションで、大きな風の流れを
実現できます。エアコン要らずで過ごすことも十分可能です。

家の中が見えてしまうのではというプライバシーの心配も、ドアの開口角度を30-40度
程度にしておけば回避できます。

操作性やメンテナンス性を勘案するとロータリー式の網戸がお勧めです。
価格がこなれているホームセンターでも手に入る普及品を第一弾として選びました。
他にアコーディオン式の網戸がありますが、操作が重い、網戸の掃除がやりにくい、
プリーツ部分が破れやすい、及び構造が複雑になるのでコスト高になる難点があります。
マンション用としてルーバー式の網戸もありますが、開口部が小さくなるディメリット
があります。

ルーバー式網戸


第2弾としては意匠性の高い海外の網戸を考えています。
日本の製品は機能性は秀逸ですが、どうも面白くありません。
海外特に米国の玄関網戸は本当に色々なバリエーションがあり飽きませんが、
機能性はいまいちです。

海外(米国)網戸


機能性と意匠性を兼ね備えた製品を創ることもありですね
スポンサーサイト

プロフィール

スカイブルー

Author:スカイブルー
長年IT業界に身を置く。米国勤務時、家のメンテ・改修をDIYでやってのける米国人のライフスタイルに感銘を受ける。
帰国後、自分の家を建て、自己流で手を入れていく中で、何時か事業を立ち上げたいとの思いに至る。「快適住空間創りをトータルに支援」をコンセプトにコンホーム・ラボを設立。
千葉市在住、趣味は車いじり、釣り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © スカイブルー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。